WARP BLOG

Spring has come !! 春こそバックカントリー !!

20180323100944.JPG

バックカントリーを始めるなら春!!

20180323125621.JPG

三寒四温を繰り返しながら季節は春を迎えようとしています。

20180323124631.JPG

関東では桜が咲き、スキー場もクローズしはじめ

20180323125933.JPG

オープンしているスキー場は激混み。雪はザブザブボコボコ。

もうパウダーないし、そろそろ板を仕舞おうかという方も多いのではないでしょうか。

20180323131236.JPG

しか~し!!春こそバックカントリーです!!

20180323132551.JPG

というのも、厳冬期のバックカントリーは基本的には吹雪です。

20180323132801.jpg

12下旬~3中旬の上越国境周辺では5日吹雪いて2日晴れるといった天気のため

休みの日に晴天パウダーを狙うのは至難の業。そして

20180323133242.jpg

吹雪が続くため,50cm~100cmというようなディープパウダーの中、

20180323133344.JPG

30Lのザックを背負って滑れる滑走技術や用具が必要になります。しかし

20180323133503.JPG

3月も下旬になってくると一気に晴天率が上がりポカポカ陽気の中

20180323133639.JPG

ようやく山全体を楽しめるようになります。

20180323133855.JPG

ゲレンデを一歩外に出ると

人は疎らで、静寂と素晴らしい景色が広がっています。

20180323134016.JPG

また、春のバックカントリーでは

20180323134355.JPG

ザラメ雪によって厳冬期のパウダースノーでは滑る事ができない様な

20180323134245.JPG
 緩やかな斜面に隠れている地形を楽しむ事ができます。
20180323135031.jpg
晴天率が上がり、昼の日射で雪が解け、夜に再び結晶になる。
それを繰り返すことによってザラメ雪は育っていきます。
20180323134519.jpg
特に、ゲレンデよりも標高の高い山では昼と夜の寒暖差も大きくなり
面ツルの極上のザラメ(コーンスノー)に仕上がります。さらに

20180323134924.jpg

フィルムクラストなどの気持ち良さはパウダースノーの比ではありません。

20180323135129.JPG
日照時間や気温の上り方、降雨によってザラメ雪は大きく変わり
20180323135225.JPG
同じ雪は二度となく、いつ極上のコーンスノーが来るのかと、僕たちは

その一期一会を極上のパウダーを滑りながらもいつも心待ちにしています。
20180323135708.jpg
板を仕舞おうとしている方も、パークやコブを滑る方も、
そして、厳冬期のバックカントリーを経験している方も
20180323135838.JPG
春こそバックカントリー!!おススメです!!