WARP BLOG

春のビックマウンテンツアー

20180323174915.jpg

今年の春はビックマウンテンに挑戦してみませんか。

20180323192011.JPG

浅草岳

ハイク時間:5時間

滑走標高差:1000m

ゆるやかな尾根歩きで山頂まで登り、そこから沢地形の滑走がボトムまで続きます。

登り応えも滑り応えもあり、標高を上げるにつれ広がる景色も最高です。

20180323192126.JPG

至仏山

ハイク時間:3~4時間

滑走標高差:650m

ゆるやかな尾根歩きからの広大なオープンバーンの滑走は初めてのビッグマウンテンに最適。

かぐら、武尊のバックカントリーを経験したら次は至仏山がおススメです。

また、稜線からは尾瀬ヶ原や燧ケ岳。越後の山々や谷川連邦も一望できます。

春のビッグマウンテン入門編。ここを経験すると、乗鞍岳や立山が見えてきます。

20180323192423.jpg

月山

毎年4月にオープンする月山スキー場。からアクセスして月山、姥ヶ武、湯殿山の

魅惑の沢地形を滑り倒すツアー。ハイク時間と滑走標高差は無限大。一日中遊び倒します。

また、東京から新幹線で日帰り月山バックカントリーも可能です。

東北の春のビックマウンテンといえば月山。外せません。

20180323192918.jpeg

乗鞍岳

GWから運行を開始する乗鞍春山バスを使って、一気にお標高2350mの位ヶ原山荘へ。

そこから3000mの頂を目指し、広大なオープンバーンやゆるやかな沢地形を滑走。

北アルプスの春のビッグマウンテン入門編。また、立山の前哨戦としてもおススメです。

宿泊はもちろん、関東圏から日帰りでのご参加も可能です。

20180323192949.jpg

立山

5月といえば立山。そして、滑り収めはやっぱり立山。

日本一のビッグマウンテンは急斜面から緩斜面、とにかくデカイ沢地形まで。

斜面バリエーションが多彩。懐の深さも日本一の立山で滑り収めはいかがでしょうか。

また、北アルプスの絶景はもちろん、日本海に沈む夕日や満天の星空も堪能できます。

宿泊は雷鳥荘。温泉付きで設備も山荘とは思えないほど充実しています。

20180323193407.JPG

当て込み道場 

クラシックルートである志賀万座ルートに広がる魅惑の沢地形。

当て込みに最適な深い谷と急登はまさに道場。沢地形攻略は山を滑る鍵となります。