WARP BLOG

その他の記事

MOUNTEIN SURF new wear test@奥只見

今日はMOUNTEIN SURFのNEWWEARのテストで奥只見へ! 今日は高気圧にバッコリ覆われGood day 20151220171633.jpg

author:WARP

TJ-Brand テストセンター

こんにちは

冬型の気圧配置が続き

本日かぐらスキー場でも"田代エリア" みつまたエリア"も通常滑走が可能になったようです!!

さてWARPではTJ-Brandのスノーボードのテストセンターをおこなっており、

WARPツアーの中で

様々な雪質、地形でTJ-Brandのスノーボードを思う存分、

"丸一日"試乗頂けます!!!

TJ

author:WARP

お久しぶりです!
2015年12月17日
ヒロさんと私ビタ
WARP in致しました!!!!

ヒロさん

ビタ顔

author:WARP

ワープ始まりました!!

待ちに待った雪が降ってきました。

20151218103109.jpg

author:WARP

15~16シーズンに向けて

WARPの有馬 新です。

今期はWARP設立15周年になります。

ホームページもリニューアルし今期よりメンバーシップ制度をスタートさせます。

なぜ、メンバーシップなのか?

バックカントリーライディング(山スキー)は、信頼できる仲間同士で楽しまれていたものだと思いますが、ガイドツアーが近年のバックカントリーライディング(山スキー)の楽しみ方の一つになってきています。

仲間同士であればそれなりに信頼関係もあるとは思いますが、ガイドとゲストの信頼関係を構築していくのは、ある程度時間が必要です。

WARPでは、ツアー内容もゲストのスキルや要望に合わせてクラス分けしています。

メンバー限定のツアーは、エキスパート限定のものやスペシャルゲストを招いたものなどスペシャルなものばかりです。

ゲストのスキルや山に対する考え方などを、ガイドが理解しガイドの思いもゲストに理解してもらうことで、ツアーを満足度の高いものにしていく事がメンバーシップの目的です。

 

WARPはみなかみで最初にスタートしたガイドクラブです。

なぜ、みなかみなのか?

みなかみは、谷川岳周辺、武尊山周辺、神楽周辺と気象条件や降雪量によって3つのエリアを選ぶことができ、何よりも谷川岳のふもとに位置し、最高の一日を逃さないエリアです。

20151020145100.JPG

なぜ谷川岳なのか?

2000年の11月、天神平に滑りに行って。快晴の中、真っ白な谷川岳を見たときに、ここだと感じたことは今でも忘れられません。

2001年にWARPをスタートさせた時から、エキスパートは谷川岳での開催を考え、谷川岳を軸に、宝台樹、前武尊、神楽など他のエリアを開拓していきました。 地形図をみながら、新しいラインを開拓する作業は本当に楽しかった。 それは今でも変わらず新しいラインを日々求めています。

滑るために山に入り、気持ちのいいラインを見つけてライディングする、スティープなラインや初めてのラインにチャレンジする、ライフワークにするには、これ以上ないものではないでしょうか? 

それには気心を許せる仲間や信頼のおけるスタッフ、信頼関係が必要だと考えています。

WARPのメンバーになって心に残るスノートリップをしませんか?

WARP一同お待ちしております。

 

author:WARP