WARP BLOG

20200303 ライデイングスクール

20200303154958.JPG
本日のライディングスクールのメニューはワンフットに地形に慣れることと地形遊び。
人の少ない緩い斜面ではワンフット。
遊べる沢に入ってはボウルランやツリーランをして体を地形に慣らしていきます。

20200303155304.JPG

慣れない地形遊びに最初はドキドキ。
目線の送り方やスピード調整、壁への駆け上がりや当て込みなどを練習します。
回数を重ねていくうちに知らずと練度は上がってくるので、徐々に楽しくなってくるのが不思議です。
自然地形に体を合わせられるようにすることはバックカントリーでは必須スキルです。

20200303155801.JPG

そして恒例のワンフット練習。
緩斜面で長い距離を片足だけビンディングを付けた状態でコントロールして滑っていきます。
板の上での正しいポジションを覚えるにはピッタリの練習です。
ワンフットは慣れないうちは怖いですが、慣れてくると曲がれたりスピード調整が出来るようになります。
ちなみに上達のコツは転ぶことを恐れないことです!怖がっていると余計に力が入って転びます。。

20200303160637.JPG

最後はバンクドスラロームのコースで地形に合わせる練習。
自然地形のボウルランより整地されているので、コントロールはしやすいです。
壁への駆け上がり、スピード調整、目線の送り方などを再度練習。
スピードを維持したまま、壁を駆け上がったり、コース内を滑りきることができました。
20200303161223.JPG

今日も進歩を感じることが出来たそうで何よりです。
ラッキーにもプライベートレッスンでした。
ゲレンデでできないことはバックカントリーでは出来ない。
日々のゲレンデ内の練習がバックカントリーでの転ばない滑走に繋がっていきます。
みなさまも1発本番でのバックカントリー滑走ではなく、ゲレンデで予備練習をされてから
バックカントリーに行かれることをオススメします。

モジャンヌ